予防治療

 

予防治療

予防治療予防治療とは、むし歯や歯周病を予防するために歯のクリーニングや検診を受けることです。
むし歯や歯周病を予防するには、自宅での歯磨きと歯科医院での予防処置が欠かせません。
当院では、先進の検査機器やメンテナンスプログラムを通じて、患者様に適した予防処置をご提供いたします。

日本と海外の意識の違い

日本では、歯が痛くなるまで歯科医院に行かない人が少なくありません。
対して欧米諸国をはじめとした海外の国々では、歯を守るために歯科医院に行くことが一般的です。
そのため、日本と海外で高齢者の残存歯数に大きな差があります。

生涯にわたり、自分の歯で食事をとるためにも、予防治療を心がけましょう。

予防治療のメリット

1. お口の健康を維持できる

定期的にお口の中のチェックを受けることで、虫歯や歯周病の早期発見・早期治療が可能です。
虫歯や歯周病が大きく進行する前に治療できれば、食事や会話などへの影響を抑えられます。

2. 歯を失うリスクが低下する

むし歯の治療では、むし歯の部分を削って詰め物や被せ物をします。
そのため、むし歯を繰り返すと治療の度に歯質が減り、歯を失うリスクが高まります。
また、歯を失えば、周りの歯に負担がかかり、連鎖的に歯を失う恐れがあります。

定期健診でむし歯を早期発見・早期治療できれば、歯質を削る量を抑えられるため、歯を失うリスクが低下します。

3. 治療のあらゆる負担が減る

むし歯や歯周病が大きく進行すると、費用や通院期間、治療中の痛みなどの負担が増加します。
予防治療で早期発見・早期治療に努めることで、さまざまな負担を軽減できます。

定期健診に通うタイミングや頻度

定期健診に通うタイミングと頻度は、3~4ヶ月に1回がおすすめです。
ただし、お口の状態次第では、さらに短い間隔で通っていただいた方が高い予防効果が期待できます。

 

予防治療メニュー(メンテナンスプログラム)

PMTC

PMTCPMTCは、歯科衛生士による専門的な器具を用いた歯のクリーニングです。
歯磨きでは落としきれない歯垢や歯石を徹底的に取り除き、虫歯や歯周病のリスクを低減します。

エアフロー

エアフローエアフローは、コーヒーやワイン、カレーなどの飲食物による着色や、タバコのヤニ汚れなどを取り除くことで、歯の白さと輝きを取り戻す処置です。
超微細なパウダーとウォータースプレーを一緒に吹き付けて、歯を傷つけることなく着色汚れを落とします。

フッ素塗布

フッ素塗布フッ素は自然界に存在する成分の1つで、歯のエナメル質の強化や耐酸性の向上、虫歯菌が出す酸の抑制などが期待できます。
ただし、フッ素の効果を引き出すには、日々の歯磨きや適切な食事などが欠かせません。
フッ素の効果を維持するために、3~4ヶ月に1回程度の頻度で受けていただくことをおすすめします。

一番上に戻る一番上に戻る
047-441-4618047-441-4618 初診専用WEB予約初診専用WEB予約 アクセス