入れ歯

部分義歯

機能性・審美性の観点から、様々な入れ歯がございます。
患者様のお口の状況、かみ合わせ、ご希望などを伺いながら最適な入れ歯を作製いたします。

 

金属床の部分義歯

金属床は強度に優れ、レジン床の半分以下の厚さで作製することができます。そのため違和感が少なく、温度感覚にも優れています。

治療前 治療後

フレキシブルデンチャー

とめ金がなく、ぱっと見た感じ入れ歯と分かりません。通常の義歯の床用材料に比べ、強度が高く、粘靱性に優れています。その為、軽く、薄く、制作する事ができます。

治療前 治療後

ミニダルボ

ミニダルボはアタッチメント義歯の一種です。アタッチメント義歯とは緩みやすいバネではなく、歯と入れ歯をカチッとつなぎ止める装置を使った入れ歯です。

ページのトップへ

総義歯

オーバーデンチャー

2本のインプラントを埋入して、そこに入れ歯を留めて固定する方法です。動きづらく取り外しが可能な総入れ歯です。また、口蓋部分が空いているため発音障害が起きづらくなります。

マグネットデンチャー

ブリッジを固定していた歯がだめになってしまいました。残っていた数少ない天然歯にマグネットを装着して、入れ歯を固定します。

治療前 治療後

治療前 治療後

 

入れ歯の費用を詳しく見る >>

 

ページのトップへ