ドクターブログ

歯周病

こんにちは、オリオン歯科鎌ヶ谷クリニックの嘉手納です。

 

今回から、歯周病に注目してブログを書いていこうと思います。

 

 

歯周病とは、どのような病気でしょうか?

 

歯周病予防の歯磨き粉やうがい薬など、CMでよく見かけます。

 

 

歯周病とは、歯を支えている土台となる骨や、歯ぐきが歯周病原菌の感染により壊される病気です。

土台となる骨が吸収されるので、放っておくと歯が抜けてしまいます

 

 

歯を支えている組織を歯周組織といいます。

 

歯周組織は、土台となる歯槽骨、歯の根っこを覆うセメント質、歯と骨の間にクッションの役割をする歯根膜、それらを覆う歯肉の4つの組織からなり、歯を支えているのです。

歯周組織.bmp        

 

 

 

歯周病は、この歯周組織に歯周病原菌が感染し破壊をされる病気です。

 

自覚症状のない軽度のものも含めると、8割以上がかかっているといわれています。

 

 

 

 

 

歯周病の進行は、歯肉に炎症がとどまっている歯肉炎と、さらに深い部分にまで炎症が及び、歯を支えている歯槽骨が溶け出す歯周炎2つのステージに分けられます。

歯周病のステージ.bmp 

 

 

 歯肉炎:歯間の歯肉が腫れぼったくなっています

 

g.jpgのサムネール画像 

 

   

    

歯肉炎は、治療をはじめれば完全に治すことができますが、歯肉炎だと症状がほとんどないため、気づかずそのままにしてしまう人も少なくありません。

 

shishuubyou.bmp 

 

 

 

 

歯周炎により歯槽骨が溶け出している状態

 

p.jpg 

 

 

歯周炎まで進行してしまうと、治療も大変になり、歯を支えている土台の骨の吸収が起こるので、ケースによっては、抜歯の場合もあります。

 

 

 

次回は、歯肉炎と歯周病の治療法をお話します。

 

 

 

                             つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鎌ヶ谷 歯科 オリオン歯科医院 イオン鎌ヶ谷 歯医者

こんにちは☆  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >> 

ページのトップへ

同じカテゴリの記事

ページのトップへ